2018-06-12から1日間の記事一覧

幾何分布

確率関数 幾何分布は、最初に成功するまでの確率である。例えば、コインの表が出る確率をとすると 確率関数は次のとおりである。以下の導出には等比級数の無限和が必要となる。 ここで、である。ただし、は失敗した回数である。別の流儀だと、回目に成功する…

ベルヌーイ分布

確率関数 例えば、コインの表が出るか、裏が出るかの確率関数である。表が出る確率をとすると、 の時は表、の時は裏とすると確率関数は次のとおりである。 モーメント母関数 期待値 分散 参考文献 数理統計学 (数学シリーズ)作者: 稲垣宣生出版社/メーカー: …