ggplot2のメモ2

折れ線グラフの例

指数分布とガンマ分布の事例を示す。
指数分布もガンマ分布も\lambdaの表現方法が大きく二つあるので注意。
下記では\lambda=rateで設定しているが、scaleを使うとrateの逆数(=1/\lambda)で指定することができる。

library(ggplot2)
# 指数分布
x <-0:100
# fx = rate * exp{-rate*x}
fx <-dexp(x=x,rate=0.04)
data <-data.frame(x=x,y=fx)
ggplot(data, aes(x=x,y=fx)) + geom_line()

f:id:nishiru3:20180624231725p:plain

library(ggplot2)
# ガンマ分布
x <-0:100
# fx = rate^shape / Gamma(alpha) x^{alpha - 1} exp{-rate x}
# shape:形状係数、rate:ラムダ、sclae:1/ラムダ
fx <- dgamma(x=x,shape =2, rate = 0.1)
data <-data.frame(x=x,y=fx)
ggplot(data, aes(x=x,y=fx)) + geom_line()

f:id:nishiru3:20180624231651p:plain

参考文献

Rグラフィックスクックブック ―ggplot2によるグラフ作成のレシピ集

Rグラフィックスクックブック ―ggplot2によるグラフ作成のレシピ集

参考記事

指数分布やガンマ分布は下記の記事参照。

nishiru3.hatenablog.com